Good Times Roll Guitar Shop

名古屋の中古ギター販売&リペアショップ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gibson ES-335 ネック折れ。

Gibson ES-335のネック折れ修理です。

オーナーにとって最もショックの大きい出来事ですね。

このギター、以前ネック調整で持ってきていただいたこともあって、メインで使ってらっしゃると聞いていました。

かなり愛用していらっしゃるようです。



持ち込まれたときの状態です

335 1
335 2

完全に折れていて突板のみでくっついているような状態でした。


お客様とご相談して、接着、メイプル材で補強、ブラックで塗装という方向性に決まりました。

ちなみにネックジョイントのところがブラックでのバーストだったので、そのような雰囲気で折れた部分も隠すことに。


まずは接着です。

接着剤を付けずに仮クランプをしてきちんとくっつくか確認します。

接着する部分に最も効率よく力がかかっているかチェックします。

折れてからすぐに持ち込まれたのと、きれいに木目にそって割れているのが幸いしてしっかり合わさります。

欠損もないようでした。

335 3


ここから補強を入れます。

補強の入れ方はいろいろありますが、これが一番いいと思っている方法です。

まず2本溝を掘ります。

335 4

ここにぴったり合うようなメイプル材を作ります。

後であわせやすいようにきれいな溝を掘るのと、メイプルの埋め木をゆっくり慎重に作る必要があります。

程よい力でスーッと入っていく感じです。無理やり押し込んだり、スカスカじゃだめなので。

で、接着します。

335 5

そのあとかんなや小刀を使って整形します。

335 6

ここから周囲の塗装をはがします。

で下地から塗装していきます。


完成したのがこんな感じです。

335 7

335 8

最後にクリーニングと調整をして完了です。


お客様には大変満足していただけました。

今回は塗装で隠れてしまうため写真を撮ってお渡ししました。

なのでいつもよりきちんと写真撮ってました。


なによりも「音が良くなった。」って言ってもらえたのがとても嬉しかったですね。

以前ネックの反りを直したときにちょっと弾いただけなので自分は良くわかりませんが、お客様はそう感じられたようです。

確かに完了してから自分も弾いてみましたが鳴りの良い、いいギターです。




ネック折れは大変ショックな出来事ですが、ギターとして復活させましょう。

ギターの状況、お客様のご予算、ご要望によっていろいろな修理方法が考えられますので、ご相談ください。






ALEMBIC ベース。

ALEMBICのベースの調整依頼でした。

なかなか珍しいベースです。

アレンビック1

アレンビック2

このベースはヘッド側にペグはなく、ブリッジ側で締め上げるようになっています。

ヘッド側はロックするだけです。

こうすると弦を張ったときのブリッジ~ナット~ペグ(この場合ロックする部品)までが一直線にすることができます。

通常のギター&ベースではこうはなりません。

3対3(ギブソン系やアコギに多い)は見てわかるとおりペグのところで弦が曲がりますよね。

じゃあ6連(フェンダー系に多い)はというと、これも微妙に曲がってます。

弦の太さに影響を受けますから。


このベースは0フレット(ナットのすぐ近くにあるフレット)がついています。

ブリッジ側もエボニーにフレットを打ったものが使用されていますね。


ということで弦の支点となるのは全てフレットとなります。

いろいろな工夫が詰まっているベースですね。


アレンビック3


Epiphone ベース。

Epiphoneのベースの調整依頼です。

フルアコースティックでボルトオンジョイントのものです。

ショートスケールです。

フルアコベース1

かなり珍しいベースですね。

ラベルが無く詳細は不明なのですが多分70年代くらいの日本製だと思われます。

ちなみにヘッドはこんなの。

フルアコベース3



持ってきていただいた状態ではかなり弦高が高く、弾きにくい状態でした。

ネックの反りはそれほど問題なく、ジョイント角度の問題でしょうか。

ネックをはずしてみると結構厚いシムが入れられています。


ブリッジがこれまた珍しいもので一番下げてもまだ弦高が高いんです。

ジョイントの角度をもっと付けたいのですが、オーナーさんと話し合ってシンプルな方法にまとまりました。



こちらにはフラットワウンドを張りました。

やっぱりフラットワウンドが似合います。

オーナーさんはギタリストでたまにベースを弾くって感じらしいですが、弾きやすいって言ってました。

ラウンドワウンドのベース弦と違い、つるっとした感じが良いようです。

フルアコベース

ちゃんときれいになりました。


こういうベースはルックスは最高なのですがなかなか扱いづらいですね。

自分的には大好きですが。

少しミュート気味にしてピックでひいた音がいいですね。

サスティンは無いほうがいい感じです。

しばらく経って弦が死んできたくらいがちょうどいい気がします。



かなり楽しめそうなベースでした。

バンドではなかなか使えなさそうだけど。

Gibson Firebird。

ギブソン ファイアーバード(ノンリバース)のトレモロ交換のご依頼です。

ショートヴァイブローラをロングヴァイブローラに交換します。

ショートヴァイブローラはネジ3個、ロングヴァイブローラはネジ6個で固定されます。

firebird1.jpg

こちらがショートヴァイブローラです。

で、こうなりました。

firebird2.jpg

firebird3.jpg

ギブソンロゴ入りの純正品を持ち込みしていただきました。


本来、このギターはブリッジがテールピースブリッジ(レスポールジュニアとかについているタイプ)なのですが、以前にチューン-O-マチックに交換されたそうです。

位置が正しくあっているか不安だったそうなのでついでに確認させていただきました。

センターラインもスケールラインもちゃんとした位置についていました。


こちらのオーナーの方は以前ブログにアップしたコロネットのビグスビー搭載の記事を見ていただいたようです。

今回も同様の要領でセンターラインを割り出し、位置決めをします。

前後の位置は見た目と弦のブリッジにおける角度の兼ね合いで決めていただきました。

いろんな位置に仮置きして見ていただき、結構悩んで決まりました。

そういえばコロネットのときも前後の位置決めにかなり時間をかけた気がします。


見た目もギターの鳴りも満足する位置に取り付けできました。

どうもありがとうございました。


それにしてもかっこいいギターです。

自分もいつかノンリバのファイアーバードが欲しいななんて思ってしまいます。

サドル。

最近アコースティックギターやクラシックギターのサドル関連の修理が多く来ています。

サドルって言うのはブリッジのところにある白いパーツ、弦を支えているところです。

完全にサドルが低すぎてビビってしまうものとか。

弦高が高くて弾きにくいから削って欲しいとか。

自分でサドルを交換or作られたりして不具合が生じているものとか。

アンダーサドルピックアップを搭載したもので、音を拾わない弦があるとか。


なんだか最近サドル周りがとても多いです。



低すぎたり、自作で使えないものの場合は新規作製します。

弦高が高くて弾きにくい場合は削りますが、まずはネックのそりとナットの高さをしっかりチェックしなくてはいけません。

そしてサドルにかかる弦のテンションが適正であるところまでしか削ってはいけません。



この前あったのがサドルを交換されてアンダーサドルのピックアップから1弦の音が出ないって相談でした。

で、ギターの状態をチェックすると、

ネックが順ぞりでサドルが低すぎでした。

元々ついていたサドルも持って来てくれたので、ネックの反りを修正して元のサドルに戻しました。

それで治りました。

全然弦の力がサドルにかかっていなくて、弦振動がピックアップに伝わっていなかったんです。

結果的にサドルは高くなったんですが、弦高は持ってきてくれたときより低くなりました。



弦のサドルの部分での角度でサドルにかかるテンション(力)と方向が決まります。


アコースティックやクラシックの場合サドルを削ってしまうと交換する(作り直す)しかないので、もしご自分で削られる場合には各部をしっかりチェックしてくださいね。

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

Spyny Daddy

Author:Spyny Daddy
2009年9月、Good Times Roll 開店しました。
全て自分で内装を仕上げ、1階をショップで2階を工房としています。
中古のギター、アンプ、エフェクターの他、弦、ピック、チューナーなどの必需品もそろえています。

〒456-0031 名古屋市熱田区神宮3丁目3-12
052-253-6129

営業時間 
平日14:00~20:00
土曜、日曜 11:00~20:00
定休日 
毎週火曜日、祝日

最新記事

カテゴリ

リペア (34)
開業にいたるまで (9)
未分類 (88)
Good Times Roll Orchestra (2)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

お問い合わせはこちらから。

ギター、リペアに関するご相談などはこちらにメールください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。