Good Times Roll Guitar Shop

名古屋の中古ギター販売&リペアショップ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンプ弾き比べ。

今日アンプを弾き比べる機会がありました。

ちょっと前に入荷したFenderの'79CHAMPについて調べてたときに友達のギタリストが来たので。

ちょうどいいやって思ってその'79CHAMPと現行で出ているFenderのCHAMPION 600、自分で作ったCHAMPの3台を弾いてもらいました。

使用したギターはGretschのセミホロウのジェット、ダイナソニックPU搭載のものです。


サウンドの傾向としては(クリーン~クランチくらいをねらったとして)

'79CHAMP   ブライトなサウンド。カントリー系によく合いそう。上品な感じ。
CHAMPION 600 ピッキングのニュアンスが良く出る、フェンダーらしいトゥワンギーなサウンド。
自作CHAMP   中域にかなり偏ったサウンド。あまり抜けてこない。


書いていて思ったのですが言葉ではうまく伝えられません。

また、使用するギターや弾き手の弾き方にもよりますし。

どんなサウンドを目指してボリュームを決定するかにも左右されますね。

どちらにしてもピッキングのニュアンスは結構出るアンプ達なので。


ちなみに歪ませた場合。

'79CHAMP   こちらもブライトで抜けがいいサウンド。全体的にキレイな感じ。
CHAMPION 600 悲鳴を上げているかのようなサウンド。あまり抜けてこない。
自作CHAMP どちらかというと下品な?ファズ的サウンド。

でした。



出したいサウンドによって全然違ってきますので、こちらに書いたことをそれほど参考にしないでください。

あくまで弾いてもらったギタリストの好みの音色を出そうとし、セッティングしたときに感じた点ですので。




結果は、ご自身で自分のギターを持ち込んで試奏されることが一番重要って再認識しました。

彼も自分も弾く前になんとなく思い描いていたイメージとはあまりにかけ離れていた結果だったので。


サウンドは奥が深いですね。

amp.jpg


(一番手前がCHAMPION600、左が'79CHAMP、右が自作CHAMP、後ろのは試奏用で左がHOT ROD DELUXEと右がBASSMANです。)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://goodtimesroll.blog88.fc2.com/tb.php/132-44c19afc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

Spyny Daddy

Author:Spyny Daddy
2009年9月、Good Times Roll 開店しました。
全て自分で内装を仕上げ、1階をショップで2階を工房としています。
中古のギター、アンプ、エフェクターの他、弦、ピック、チューナーなどの必需品もそろえています。

〒456-0031 名古屋市熱田区神宮3丁目3-12
052-253-6129

営業時間 
平日14:00~20:00
土曜、日曜 11:00~20:00
定休日 
毎週火曜日、祝日

最新記事

カテゴリ

リペア (34)
開業にいたるまで (9)
未分類 (88)
Good Times Roll Orchestra (2)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

お問い合わせはこちらから。

ギター、リペアに関するご相談などはこちらにメールください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。