Good Times Roll Guitar Shop

名古屋の中古ギター販売&リペアショップ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピックガード。

お客様よりご依頼いただきましたピックガードの加工です。

以前にもホワイト3Pのピックガードをべっ甲4Pに変えたいとのことで新しく作らせていただきました。


今回は市販のピックガードに追加工すると言う内容です。

普通のプレシジョンベースをPJに改造(リアにジャズベースタイプのピックアップを追加)されているベースです。

それに伴い、コントロールも通常の1ボリューム1トーンから2ボリューム1トーンに改造されています。

なので当初2つのノブだったのが3つになっているわけです。

その改造をされたときに作られたピックガードです。

PG2P.jpg

コントロール部が別で作られています。これを1枚にしたいとのことで市販のピックガードを持ってきてくれました。

で今回の内容ですが、


・ジョイント部を削る(はまらないから)

・ボディのネジ穴埋め、あけなおし(微妙にネジ穴の位置が違う)

・ポット穴を開ける(ポットの間隔が少し寄ってしまいますが、ザグリにあわせて)

・配線の延長(ポットの間隔が変わるため配線が足りない)


と、ここまでやって、ピックガードをボディにはめようとしたら、なんとはまりません。

インプットジャックの部分がはまりません。


ピックアップを基準にして外形とのバランスをみて加工したのですが、

元々の設計と今回持ってきてくれたピックガードの設計がピックアップからジャックの距離が微妙に違うのでした。

それでザグリがたりなくてはまりません。


お客様に連絡をとってザグリも少し加工させてもらいました。

ほんのちょっとだったので丸ノミでついて、やすりで仕上げて。


で、こんな感じです。

PG1P.jpg


純正でないピックガードをつける場合はこの場合のように結構加工が必要なこともあります。


ついでにこのベース、フレットレスなんですが弦高を下げたいとのこと。

ですがブリッジが完全に一番下まで下がっていてもうこれ以上下げることができません。


手軽な方法で、ジョイントにシムをはさませていただきました。

シムってのは薄い板のことでボルトオン(ネックがネジでとまっている)のものだったらこれで解決することもあります。

ネックをはずしてボディとの間にこのシムをはさむことによってネックのついている角度を変えます。

ただ、シムで段差ができるため、ネックとボディにこれくらいの隙間ができるというのを見てもらいました。

ネックとボディの密着という面ではボディのジョイント部を少し削るって加工のほうが良いですが今回はシムで。


弦高もばっちり弾きやすいセッティングにすることができました。


ありがとうございました。

また気軽にご相談ください。


スポンサーサイト

 | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

Spyny Daddy

Author:Spyny Daddy
2009年9月、Good Times Roll 開店しました。
全て自分で内装を仕上げ、1階をショップで2階を工房としています。
中古のギター、アンプ、エフェクターの他、弦、ピック、チューナーなどの必需品もそろえています。

〒456-0031 名古屋市熱田区神宮3丁目3-12
052-253-6129

営業時間 
平日14:00~20:00
土曜、日曜 11:00~20:00
定休日 
毎週火曜日、祝日

最新記事

カテゴリ

リペア (34)
開業にいたるまで (9)
未分類 (88)
Good Times Roll Orchestra (2)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

お問い合わせはこちらから。

ギター、リペアに関するご相談などはこちらにメールください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。